筋膜リリースの頻度はどのぐらいでやるのが

 

最も効果的なんでしょうか?

 

筋膜リリースセラピストのあーこが解説したいと思います。

筋膜リリースの頻度はどのぐらいがベストなの?

筋膜リリースの頻度

結論からいいますと、

 

筋膜リリースの回数に上限はありません。

 

筋膜自体がよじれやすい・癒着しやすい繊細な性質なので、

 

スマホの見過ぎやデスクワークばかりの現代人にとっては、

筋膜はよじれやすい状態だといえます。

 

毎日の悪い姿勢と習慣から、本来使うべきはずの筋肉を使えず

 

別の筋肉が代わりに働いていますが、そこで体に無理が生じます。

 

また、悪い姿勢や習慣は、血流を悪くさせて老廃物も滞りがちとなり、

 

トリガーポイントが生まれます。

 

筋膜リリースすることにより

 

そのトリガーポイントが解消されます。

 

また姿勢もよくなることから、トリガーポイントを改善できるんですね。

 

しかし、その人の悪い姿勢や生活習慣というのはすぐに改めることは難しいはずです。

 

すると、またすぐに筋膜がよじれていくので、

 

体に不快症状がある人は定期的に筋膜リリースを受けると体が楽になれます。

セルフ筋膜リリースでケアも良い

ということで、

 

筋膜そのものは非常によじれやすく、癒着しやすいことは

おわかりいただけたかと思います。

 

今では自分でできる筋膜リリースの器具もあります。

 

自宅でリラックスしている時間に、ちょっと自分の体のために

 

筋膜リリースをセルフでやるのも良い対策です。

 

筋膜リリースの回数に上限はありませんから、

 

「気持ちが良い」を合図に心地良いペースで続けられるとベストですね。

筋膜リリースですべてを予防できる

筋膜リリースは、肩こりや腰の痛みだけのものではありません。

 

実は運動前にも後にも筋膜リリース有効なんです。

 

筋膜リリースすると、間接の可動域が広がったり、運動後に行えばクールダウンにもなります。

 

なので、筋膜リリースはその用途に応じて応用範囲のかなり広い施術方法なんですね。

 

ちなみにの知識なんですが、

 

ランナーで膝が痛い場合、半月板損傷をしていなければ筋膜リリースのバックネットを行うことにより、

 

走ることを続けることもできるんです。

 

筋膜リリースはクライアントさんの体の症状にあわせて頻度を調節するのがいいですね。