筋膜リリースをやると、身体に急激な変化はないものの、

 

肩コリなどの鈍痛は少しずつ楽になっていきます。

 

これにはきちんとした「理由」があるんです!

筋膜リリースをすると身体が気持ち良くなる理由

筋膜リリース気持ち良い

血行がよくなるから

姿勢が悪くなる→血流やリンパの流れが悪くなる→免疫力低下→さまざまな不快症状

 

と、クライアントさんが「負のサイクル」に入ってしまいます。

 

しかし、筋膜リリースは、よじれた筋膜や癒着した筋膜をゆるめることにより、

血行が一気によくなるため、

 

クライアントさんが負のサイクルから正のサイクルに正してあげることができます。

自律神経が整うから

筋膜が癒着すると筋膜だけでなく、その周辺の筋肉や器官も緊張状態を強いられます。

 

もっと強く押して!は説明してあげる

筋膜リリース気持ちいい

筋膜リリースのその最大の特徴はというと、

痛い所を「面で押してのばす」が最大の特徴です。

 

クライアントさんによっては今まで受けてきた

マッサージや指圧に慣れてしまい、ある程度刺激が強くないと満足できない方もいます。

 

こちらでも説明しましたが、

筋膜リリースのやり方は?

 

施術者が使う体の部位も前腕や手根など、「点」ではなく「面」で不快な所に当てます。

 

すると、筋膜リリース自体はじんわりゆっくりと効果があるものなので

 

クライアントさんが物足りなく感じることもあります。

 

しかし、クライアントさんにも筋膜リリースの特徴を懇切丁寧にお伝えし、

納得していただきましょう。

施術スタイルも工夫してあげること

筋膜リリース気持ち良い

筋膜リリースがもっとも効果が現れるのが、「血行が良い時」なんですね。

 

しかし、お店で筋膜リリースの施術を行う際も、まさかクライアントさんにお風呂に入ってもらう

ワケにはいきませんね^^;

 

ただ、筋膜リリースはリラックスした状態で自律神経をも整えていきますから、

クライアントさんに「リラックスした姿勢、気分で」施術を受けていただくのも

 

非常に重要なんですね。

 

なので、クライアントさんと施術台の間に「クッション」を敷くと

 

クライアントさんの緊張も非常にやわらぎます。

 

筋膜リリースのリリースポイントでいくつか説明します。

 

バックネット・・・バックネットはうつぶせ寝で施術を受けてもらいます。

 

施術台とクライアントさんの間に、クッションを3つ~4つ並べてうつぶせ寝になってもらうといいです。

 

インナーネット・・・仰向け寝になってもらいます。頭から肩にかけてクッションを1つ、

 

ひざの下の1つ合計2つのクッションを敷くと、クライアントさんの筋肉の緊張もゆるみ、

 

リラックスしてもらえます。